10/26/2019

今回のテーマは、「仕事のモチベーションを高める、スーパー速読」。モチベーション、大事ですよね。仕事に限らず、勉強でも、スポーツでも、モチベーションは物事を達成する上で、とても重要になってきますよね。ですので、モチベーションに関する悩み、これは非常に多いです。 モチベーションがないから、自分はうまくいかない。長続きしない。 「自分は意志が弱い」なんてレッテルまで貼ってしまう人がいます。 でもこれは、本当は、「意志の問題」ではありません。 ゆるぎない意志を持っている人なんて、一部の限られた人だけなんです。オリンピックで金メダル取る選手な...

質問:読書の秋、小中学生が読書感想文や宿題の追い込みに身につけておきたい速読方法を教えてください…。

●日本速読協会は、普段どのようなことを行っているのでしょうか?

東京・大阪で「一日集中講座」を開催しています。
また全国各地で開催されている「認定インストラクター」によるカルチャーセンターなどでの講座、そのカリキュラム作成やサポートです。
また、全国の速読トレーニングをしている方からのご質問などにもお答えしています。

●井田さんは、速読をはじめて何年経つのでしょうか?

私は、1984年の日本速読協会の発足当初からのスタッフなので、35年を超...

08/17/2019

速読講座で受講者から必ずでてくる質問がある、「速く読むと何が書いてあるか分からない」。理解できないことが不安となり速読法で読むことを遠ざけているように思う。記号トレーニングなどでは、それなりの速度で進むのであるが実際の文章のトレーニングになると速度が上がらない現実である。

そこで理解について少し考えてみましょう。速読法で文章を読んで理解できる程度は、普段の読書の理解度を越えることはありません。このことは普段の読書で理解できないことは、速読法による読書でも理解できないことを意味します。普段、文章に親しむ習慣のない人が速読トレーニングをし...

08/17/2019

日本速読協会に入会してから、5年が経ちました。その間、熱心にトレーニングした時期もあれば、あまり熱心でなかった時期もあります。ですから速読検定3級は頂いたものの2級まではなかなかといったところです。

トレーニングで一番大切なことと言えば、休まずに続けることだと思います。当たり前のことですが、これがなかなか出来ません。そこでどうすればトレーニングを続けられるか私なりに考え、トレーニングした内容を記録に残すことにしました。

以前は大学ノートにトレーニングした日だけメモしていたのですが、今年より専用のスケジュール帳を作成し、記録しています。記...

07/29/2019

速読を始めてから、十一年になる。最初はもちろん、1級(十万字)のレベルを目指した。4級、3級と順調に取得し、その後は協会のインストラクターとして、お手伝いをする。一方、5日間トレーニングしては2週間怠けるような日々の中、ついに2級に到達した。
大阪のサテライトに参加し「芝居は、観るより演じる方がおもしろい」ことを思い出した。以来、トレーニングが楽しい。以前の私に比べて変わったことは本人が自覚している。
1、緑を筆頭に、自然の色が鮮やかに見える 
2、視野が広くなっている 
3、人の名前を容易に記憶できる

 (仕事上、20~30人の名前...

07/29/2019

今回は、現在トレーニングに励んでいる方、これから速読を修得しようという方へ私の体験からアドバイスメッセージをおくりたいと思います。私は入会したばかりの頃、訓練を始める時間がいつも夜遅くなってしまい、[ねむけ]とたたかうのが自分ではとても大変でした。訓練を「さあ、はじめよう」と、丹田呼吸をすると気持ちよくなり「今日は寝よう。明日がんばろう」となってしまったり、基本トレーニングまでなんとかがんばっても、実践的な訓練(本読み)はやらずに終わったり本読みまでやっても「書き出し」をせずに、わかったつもりになっていたり‥‥。なによりもテキストの...

07/29/2019

20代の僕は、上石神井のしけたアパルトマンで、アルバイトを続けながら売れないマンガを描いていた。なんて絵に描いたような青春だったんだろう。何回か作品を出版社に持ち込んだりもしたが、絵は褒められるのだが、話の方はいつも面白くない、分かりにくい、本読んでないのね、のオンパレードであった。当然買ってくれるはずもない。やれやれ。そんな頃、新聞の広告で速読というものがあるのを知り、突然インスピレーションが走ったのである。「これをモノにしなければ、この先ずっと社会の底辺を平泳ぎだっ!」ここで分かって欲しいのは、僕はそれほど衝動的な人間ではないと...

日本速読協会 新元号案  

頭文字・・・K  

漢字・・・光(こう)  

「光新」  「光託」  

もしも万一当たりましたら、出典など掲載します。

(ま、当たりませんよね・・・)