読書が苦手な人必見!速読を身に付けて読書に対する抵抗をなくす!


皆さんの中には、読書が苦手だな…と感じている人もいるのではないでしょうか?速読は、文章を早く読む事が出来る事で、活字が苦手な人や、読書は嫌いでは無いけれど読むのが遅い人にもお勧めです。ここでは、速読と読書苦手の克服との関係についてお伝えします。 ●速読のメリットとは? [読書する事に抵抗が無くなる] 読書と言うのは、自分の価値観を広げてくれるツールにもなり、色々と読書から感銘を受けたり、学んだりする事も多くありますよね。皆さんの中には、読書量を増やしたいと思っている方もいるのではないでしょうか。実際に、文化庁が行った世間の読書に関する調査でも、自分の読書量を増やしたいと思っている方は6割以上に上ります。その一方で、自身の読書量が減っていると感じている人も6割以上いるのです。読書量が減ってしまった大きな要因には、学業や仕事が忙しく読書する時間が中々無い事が挙げられています。 読書に要する時間について では、皆さんは一冊200ページ程の書籍を読むとなった場合、全て読み終えるまでにどの程度時間を要しますか?例えば、全て読み切るのに5時間程度の時間が必要である場合、かなりの時間を読書に費やす事になります。そうなってくると、自分から進んで読書をしようと言う気には中々なれないですよね。 しかし、その読書時間が1時間や30分で読み切る事が出来る場合であればどうでしょう。この位のスピードで読書出来るのであれば、読書に対して億劫になる事が無く、気軽に読書が出来る余裕が生まれますよね。また、短時間で読書出来るので色々な書籍を読む事が出来るので、自ずと本に触れる機会も増えたり、今まで以上により多くの情報に触れる事が出来たり、色々なメリットをもたらしてくれます。 活字を読む事について 活字が苦手な人にとっては、活字を読み進めていくだけで眠気が出てきて、しっかり文章内容を読んでいく事が難しいですよね。自分で読書するように心掛けても、中々活字を克服する事は難しいと感じている人も多いのではないでしょうか。 しかし、速読では文章を早く読む技術が身に付きますよね。今まで活字が苦手で文章の読み進めが遅かった人も、読むスピードが速くなれば活字に対する抵抗感も薄れて、自然と活字を受け入れられるようになってくるのです。 「まとめ」 速読は、読書好きな人・苦手な人どちらも人にも、より読書を楽しむ事が出来る技術です。特に読書が苦手な人にとっては、自分の苦手を克服出来るきっかけにもなっています。速読技術を身に付けて自分の読書力を挙げてみませんか?


0回の閲覧

日本速読協会

info@super-sokudoku.jp
FreeDial: 0120-46-1100

【速読/方法/速読術/トレーニング/スクール/教室/講座/セミナー/東京/大阪/福岡】

Copyright © 2016

Japan Sokudoku Association

All Rights Reserved.