頭の回転が良くなる?!速読トレーニングがもたらす効果!!


皆さんの中で「速読が出来たら良いな!」と思った事がある人もいるのではないでしょうか?速読は、その名の通り“早く文章を読む”事が出来るようになるものです。私達の脳の回転をアップする効果もある速読。ここでは、頭の回転率と速読の関係性についてお伝えします。 ●速読トレーニングは脳を活性化させる 皆さんは、私達人間が1分間の間にどの程度文章を読む事が出来るか知っていますか?一般的に、1分間で人はおよそ300文字から600文字程度の文章を読む事が出来ると言われています。しかし、速読の初級の場合でも1分間に1500字から2000字ほどを読み進めていく事が可能になります。速読の力が養われる事で、通常の約2.5倍から5倍程度のスピード力が培われるのです。これだけの差が出るとなると速読の力の凄さを感じますよね。 [速読のカギは右脳と左脳の働きに隠されていた!] 右脳と左脳では働きが異なる事はご存じですよね。右脳は感性等を司る感覚的な脳で、左脳は思考や倫理を司る理論的な脳になっています。学力アップにはもちろん左脳を使う事は大切なのですが、左脳折角覚えた情報も新しい情報が脳内に入ってくると、上書きされて忘れてしまうのです。 それを防止する事が出来るのが、右脳の活性化なのです。普段10%しか使用されていない人間の右脳を速読で活性化する事が出来、右脳を使った情報処理能力を養う事が出来ます。今までは主に左脳で情報処理を行っていた脳が、右脳の活性化によって右脳でも情報処理が出来るようになる為、右脳・左脳の両方で情報処理を行える事から、自ずと頭の回転がアップすると言う事です。 [頭の回転率は様々なシーンに役に立つ!] 頭の回転が速くなると言う事は、学習や仕事においてもメリットを発揮してくれます。効率の良い勉強方法や、仕事作業等、器用に色々な作業をこなしていけるようになったり、少しのヒントからでも自分で答えを導き出せる思考回路が身に付いたり、速読によって自分の能力を大きく成長させる事にも繋がっています。 まとめ 速読から得られる事はとても多い事がお分かり頂けたかと思います。速読のトレーニングによって、脳の活性化を図る事が出来るのはもちろん、自分自身の能力の可能性を大きく広げる事も可能であると言えます。自分の今のレベルから一つ上を目指す為の方法としても、速読は効率の良いトレーニングとしてお勧めです。


41回の閲覧

最新記事

すべて表示

「モチベーションを高めるために」

今回のテーマは、「仕事のモチベーションを高める、スーパー速読」。モチベーション、大事ですよね。仕事に限らず、勉強でも、スポーツでも、モチベーションは物事を達成する上で、とても重要になってきますよね。ですので、モチベーションに関する悩み、これは非常に多いです。 モチベーションがないから、自分はうまくいかない。長続きしない。 「自分は意志が弱い」なんてレッテルまで貼ってしまう人がいます。 でもこれは、

会員講師からの一言

速読講座で受講者から必ずでてくる質問がある、「速く読むと何が書いてあるか分からない」。理解できないことが不安となり速読法で読むことを遠ざけているように思う。記号トレーニングなどでは、それなりの速度で進むのであるが実際の文章のトレーニングになると速度が上がらない現実である。 そこで理解について少し考えてみましょう。速読法で文章を読んで理解できる程度は、普段の読書の理解度を越えることはありません。この

日本速読協会

info@super-sokudoku.jp
FreeDial: 0120-46-1100

【速読/方法/速読術/トレーニング/スクール/教室/講座/セミナー/東京/大阪/福岡】

Copyright © 2016

Japan Sokudoku Association

All Rights Reserved.