会員メッセージ「速読を始めたころ」


20代の僕は、上石神井のしけたアパルトマンで、アルバイトを続けながら売れないマンガを描いていた。なんて絵に描いたような青春だったんだろう。何回か作品を