レポート&メッセージ


日本速読協会に入会してから、5年が経ちました。その間、熱心にトレーニングした時期もあれば、あまり熱心でなかった時期もあります。ですから速読検定3級は頂いたものの2級まではなかなかといったところです。

トレーニングで一番大切なことと言えば、休まずに続けることだと思います。当たり前のことですが、これがなかなか出来ません。そこでどうすればトレーニングを続けられるか私なりに考え、トレーニングした内容を記録に残すことにしました。

以前は大学ノートにトレーニングした日だけメモしていたのですが、今年より専用のスケジュール帳を作成し、記録しています。記録することでトレーニングの成果が分かりますのではげみになります。また、スケジュール帳のように日付が主体になったノートに記録すれば、その日に何をやったかが明確に分かります。さぼれば空欄が目立ちますのでやる気が出ます。このノートのおかげで今のところ何とかトレーニングを続けています。

コンピューターを使用する仕事をしてきましたので、どうしても疲れ目になりやすかったのですが、速読を始めてから目の負担が減り、楽になりました。文字に対する精神的抵抗がなくなり、マニュアルなども気軽に目を通せるようになりました。

速読のトレーニングを続けることで単に本を速く読むだけではなく、視野が変わってきたような気がします。それは文字通り目が見えやすくなったこともありますが、以前より理解力が増し、心の視野も広がっているように感じます。

1分間に十万字はおろか三万字にも遠い私ですが、これからもトレーニングを続けることで「視野」を広げていきたいと思います。

先日、洋画を見ていてふと気がついた。私は字幕を読んでから英語の台詞を聞いているのだと。「英語が判る友人と映画を見ると、笑うタイミングがずれる。友人は英語を聞いてすぐに笑うのが、私は字幕を読んでから笑うので遅くなる」と言うような話を、何かで読んだ事がある。だから、自分が字幕を先に読んでいる事に対して不思議に思った。そしてようやく「私は速読トレーニングをしているから読むのが速い」と言う事に気がついた。 以外に思われるかもしれないが、私は自分が速読が出来ると思った事はない。確かに入会当初よりは、本読み速度は速くなった。書き出しの単語数も増えた。だが、本を読む時以外ではあまり実感が湧かなかった。

入会当初は、速読によりある日突然、劇的に理解力や記憶力が変るようなイメージを持っていた。だけど、そうそう「劇的」な事は起こらない。 だから自分が速読できると言う実感がなかったのだ。 でも、改めて考えてみると視野は変ってきている。変化を計るものさしがないので、はっきりとは判らなかっただけである。

人はどうしても、これができない、あれができないと「できないこと」ばかり探してしまう。速読で言えば「本読み速度が伸びない」、「時間が無いから、思うようにトレーニングできない」などなど。だが、少しでもトレーニングすれば「始めは何百字しか読めなかったのに今は2000字を超えた」とか「就寝前に10分だけトレーニングする」とか「できること」はきっとあるはず。「できないこと」を探す暇があるのなら「できること」を探した方がずっと楽しい。そんな当たり前の事にやっと気がついた。


14回の閲覧

最新記事

すべて表示

「モチベーションを高めるために」

今回のテーマは、「仕事のモチベーションを高める、スーパー速読」。モチベーション、大事ですよね。仕事に限らず、勉強でも、スポーツでも、モチベーションは物事を達成する上で、とても重要になってきますよね。ですので、モチベーションに関する悩み、これは非常に多いです。 モチベーションがないから、自分はうまくいかない。長続きしない。 「自分は意志が弱い」なんてレッテルまで貼ってしまう人がいます。 でもこれは、

会員講師からの一言

速読講座で受講者から必ずでてくる質問がある、「速く読むと何が書いてあるか分からない」。理解できないことが不安となり速読法で読むことを遠ざけているように思う。記号トレーニングなどでは、それなりの速度で進むのであるが実際の文章のトレーニングになると速度が上がらない現実である。 そこで理解について少し考えてみましょう。速読法で文章を読んで理解できる程度は、普段の読書の理解度を越えることはありません。この

日本速読協会

info@super-sokudoku.jp
FreeDial: 0120-46-1100

【速読/方法/速読術/トレーニング/スクール/教室/講座/セミナー/東京/大阪/福岡】

Copyright © 2016

Japan Sokudoku Association

All Rights Reserved.