速読術は目トレにもなっていた?!速読と目トレの関係とは?

January 11, 2019

速読は、脳に刺激を与えて脳トレになると言われていますよね。しかし、目トレにもなっている事を知っていましたか?ここでは、速読術で得られる目トレについてお伝えします。
●目を鍛える速読術の力
速読術では、文章の読むスピードを鍛える事が出来るのと同時に、実は目の力を鍛える事が出来る事を知っていましたか?よくプロ野球選手の間では、速読のトレーニングを自分のトレーニングメニューに取り入れている方が多くいます。その理由には、プロ野球ではピッチャーが投げた球を確実に打つ事が重要になってくるからです。


目の周辺視野を広げる
速読トレーニングをしていくと、一度に自分の目で捉える事の出来る視野が広くなります。視野が広くなると言う事は、それだけ目で捉える事が出来る周辺視野が広がっているので、より的確に対象物を捉える力が培われる事になります。スポーツ業界の場合においては、試合の状況を判断する際にも大いに役に立ち、今までよりも的確な動作が出来るのです。


目の動きのスピードが速くなる
速読では文章を素早く読み取る力が必要な為、目を動かすスピードを速くしなくてはなりません。トレーニングを行う事によって、目を動かすスピードを速める為に眼球を動かす筋肉が鍛えられるので、目を動かすスピードが速くなります。加えて、速読では速いスピードで内容を読んでいく過程で、今自分が読んでいる部分にパッと文章のピントが合わなければなりません。なので、視点を定める為の眼球の筋肉も同時に鍛える事が出来、視力回復にも良い影響を与えるとされています。
情報処理能力がアップする


速読では、目の機能が鍛えられる事で、脳に的確な情報が素早く伝達されていきます。その為、従来の読書スピードとは異なる速いスピードで脳内に情報が伝達されていくので、脳は素早く情報処理していかなくてはなりません。なので、トレーニングをしていく事で脳の情報処理能力を高め事が出来るのです。


このように…
速読には、脳の他にも目に関しても良い効果を及ぼしている事がお分かり頂けたかと思います。速読と言うと、脳トレのイメージが強くありますが、実は目トレにもなっているのです。「瞬時に記載されている文章を捉えて、素早く脳内でその情報を処理していく」と言う一連の流れをトレーニングする事で、目の動作機能を高めて、脳との連携向上にも繋がっていきます。
 

Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts

March 31, 2019

Please reload

Archive