速読は本を読む苦手意識を改善出来る!苦手を克服して活字慣れしよう!


速読は本をただ単に読み進めるだけの力ではありません。速く読み進めていきながら、しっかり内容も理解出来る力を養う事が出来ます。そんな速読は、本を好きになるきっかけにもなるのです。今回は、速読と読書の関係についてお届けします。 [速読で読書の苦手意識を克服する] 読書のスピードが速い人と言うのは、学力も高いと言われている事を知っていますか?これには、記載されている文字を理解して、その内容を素早く処理する能力が優れている事が挙げられます。一方、読書が苦手な人にとって文字を読み進めていく事はかなり億劫ですよね。理解して読み進めていく速度が遅く、それは情報処理能力の遅さとも言えます。 速読を身に付ける事によって、例えば、今まで1回の読書で半日掛かっていたものが、読書スピードが上がる事で同じ時間内に、新たな情報を仕入れる事が出来るようになりますよね。また、速読によって脳が活発に働くようになるので、集中力や記憶力等の力もアップさせる効果があります。 このように、速く読み込んでいけるようになる事で、本人にも余裕を持つ事が出来、読書をする事に対して嫌な抵抗感が無くなる良さがあります。 [活字に慣れると読書も苦で無い] これは読書好き・嫌いに関係無く言える事ですが、活字に慣れると文字を読む事に対して苦で無くなりますよね。例えば、仕事や学生生活の中で、忙しい時間の合間をぬって仕事や勉強に関する資料に目を通さないといけない等、限られた時間の中で必要な情報をインプットしなければならない時もあります。そんな時、「速読する事が出来たら良いのに…。」と思った事がある人も少なくないのではないでしょうか。 活字は文字を一字一句追って読んでしまうとかなり疲れて眠くなってしまいます。しかし、速読には活字を10文字程度のブロックとして文字を捉えていくトレーニングを行う為、読書の感覚が今までとは変わり、読むスピードが速くなるのです。 このように、活字慣れ出来る読み方をマスターする事で、効率良く読書する時間を持つ事が出来たり、様々な本を読書してみようと読書に興味を持つきっかけとなったりします。 「まとめ」 皆さんいかがでしたか?速読は、自分にとってプラスになる要素が色々あると言う事がお分かり頂けたのではないでしょうか。速読の効果には個人差はありますが、速読を身に付ける事は脳にも大変効果があるとして注目されているトレーニングでもあります。是非、速読をマスターして日々の生活に役立ててみませんか?


0回の閲覧

日本速読協会

info@super-sokudoku.jp
FreeDial: 0120-46-1100

【速読/方法/速読術/トレーニング/スクール/教室/講座/セミナー/東京/大阪/福岡】

Copyright © 2016

Japan Sokudoku Association

All Rights Reserved.