速読は本を読む苦手意識を改善出来る!苦手を克服して活字慣れしよう!


速読は本をただ単に読み進めるだけの力ではありません。速く読み進めていきながら、しっかり内容も理解出来る力を養う事が出来ます。そんな速読は、本を好きになるきっかけにもなるのです。今回は、速読と読書の関係についてお届けします。 [速読で読書の苦手意識を克服する] 読書のスピードが速い人と言うのは、学力も高いと言われている事を知っていますか?これには、記載されている文字を理解して、その内容を素早く処理する能力が優れている事が挙げられます。一方、読書が苦手な人にとって文字を読み進めていく事はかなり億劫ですよね。理解して読み進めていく速度が遅く、それは情報処理能力の遅さとも言えます。 速読を身に付ける事によって、例えば、今まで1回の読書で半日掛かっていたものが、読書スピードが上がる事で同じ時間内に、新たな情報を仕入れる事が出来るようになりますよね。また、速読によって脳が活発に働くようになるので、集中力や記憶力等の力もアップさせる効果があります。 このように、速く読み込んでいけるようになる事で、本人にも余裕を持つ事が出来、読書をする事に対して嫌な抵抗感が無くなる良さがあります。 [活字に慣れると読書も苦で無い] これは読書好き・嫌いに関係無く言える事ですが、活字に慣れると文字を読む事に対して苦で無くなり